投稿日: 2018/07/17

日本酒とおつまみ Chuin

花陽浴(はなあび)は埼玉県にある小さな蔵。
 
この日本酒を一番最初に飲んだのは
確か9か10年くらい前なんだけど
それ以来忘れられなかったお酒のひとつ。

記憶に残る印象的な銘柄です
  

よく調べてみると
1860年 (万延元年) 桜田門外の変が起こった年から
お酒作りをしているという
南陽醸造株式会社さんが作るこのお酒。

桜田門って…と!!思いながらこれを書いてるんだけど
日本酒ってそういう酒蔵さん多いと思います。


実は先日にお店に来てくれたお客さまと

話していていた時に
その方も「花陽浴が…」とおっしゃってたんです。

まさかわたしも「花陽浴」という銘柄が
出てくると思っていなかったので
すごく興奮してしまいかなり話が弾みました♪♪


その方も印象的だったそうです。
   

ちょうどそのタイミングで
旦那さんとの交代の時間だったので
その話をしたらメニューに出すストックの花陽浴を
すぐに出してくれたんです。



あなたの記憶に残る日本酒は?
「出てきたーーー!!!」なんて
お客様と盛り上がりながらさっそく1杯。
味は濃厚なパイナップル。
すごくすごーーーく甘くて爽やか。

やっぱり衝撃。

開けたてはフルーティーでキレキレ。
時間がたってどう変化しているのか
わたしはもうちょっと様子を見てもう一度飲もうと思ってます。



今回紹介したお酒は…

ーーーーーーーーーーーーーー
花陽浴
直汲み 生原酒 /純米大吟醸
□使用米:美山錦100%
□精米歩合:16度
□アルコール度数:美山錦100%
ーーーーーーーーーーーーーー

やっぱり記憶に残る味です。
インパクトが強い。



「あ〜美味しいなぁ」ってお酒はたくさんあるけど
コレ!ってお酒はよっぽど詳しい人じゃないと
銘柄まで出て来ない(覚えて)ないのが一般的かなって。

それくらい日本酒の銘柄が多いんですよね。

しかも年度によって
味が違うのも面白いところだから
来年も好みの味とは限らない。



だからこだわりすぎず
いつもフラットな感覚で飲めるのが
いいところかなってわたしは思ってます。
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。